XM(XMTrading)

海外FX XM

実際に今も使っています!【2020年現在】
ちなみにXMを使う理由として、実際に使っている方が多い事とホームページ情報が更新されているのでしっかりしてる印象があるからです。他の口座も使っているので知ってることは教えますので聞いてください。bitwalletの出金が少し変わりましたのでしっかり確認しましょう。
項目は下のとおりです。XMのホームページへ
XMメリット・デメリット
・XM口座開設方法
・XMパートナー口座
・他の海外口座について(FBS FX)(is6.com)おススメ!
・FXのアフィリエイト報酬についてどれくらい?
今まで使ったことのある口座
一万円チャレンジまとめページ

簡単な概要
【管理・運営会社】Trading Point (Seychelles) Limited
【所在地】Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus
【金融ライセンス登録】セーシェル金融庁(ライセンス番号SD010)
※ちなみにFCA(イギリス金融行動監査機構)、Cysec(キプロス証券取引所)のライセンスがあるんですが厳しい審査があるので登録が難しいらしいです。なのでこの二つを持っていれば比較的安全です。

さらにホームページにこのような記載も「XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。」とのことです。

2016年にキプロス口座からセーシェル口座に移行されてます。ほとんどの日本人口座が2016年からセーシェル口座となってる模様です。日本人でも取引できるように努力してくれてるのは非常に助かります。
ここまでの情報なら不安もなく使う事ができますよね?
ネット上でも評判は結構よくみんな使っている会社ですね。

XMのメリットとデメリット

実際に使ってみてのレビューとなってます!
※ちなみに海外口座を使う事はダメではありません!詐欺をするFX会社があるので注意も必要です。投資をするにあたっては自己責任というものがつきものですね。

メリット

  1. なによりも日本語対応していることでしょう。日本人スタッフと何回かメールさせて頂きましたが返信の速さと丁寧さには驚かせられました。ちなみにですが30以上の言語でサポートしてくれます。
  2. ゼロカットシステムを導入している点。マイナスになっても追証と言うものがないということですね。証拠金が20%を切ると強制決済になるのでそこまでいくことはまずないですね。
    何度かゼロカットするのを見ましたがこういうことかという安心のイメージがあります。
  3. レバレッジ888倍というのも魅力的!!資金が2万ドル(約200万円)くらいから200倍になるようです。日本では25倍です。(2018年2月7日の時点では25倍のレバレッジをもっと下げようとしてます。欧州圏でもレバレッジの規制は強くなってきているのでXMもゆくゆくは下がる可能性はありますがほとんどないですね。)
  4. ボーナスプログラム(XMでも口座開設、初回入金、毎回入金、取引ポイントなどいくつもの異なる形でボーナスが支給)※1XMロイヤルティプログラムがある!これがあることによって為替経験がない方でもリスクがほとんどなく取引することが可能です!!!
  5. 入出金などのトラブルはほとんどないです!(調べてみるとごく稀にされなかったということを見かけますがそんなことが多数ある会社はトラブルが絶えないはずなので出金されないというのは嘘が多いという事です。)
    ※ほとんど記述してますがほぼ9割以上は大丈夫という事です。10割なんてありえませんからね。
  6. 約定拒否はされたことないですね。指標発表後でポジション持った時ですらそれなりのスリップで済みます。
  7. 多くのプラットホームを使える。windows、MAC、iPhone、iPad、Androidとかを通じてMT4MT5なども使える。

※1 ロイヤルティプログラムとは取引すればするほどXMPというボーナスが貰える制度です。ボーナスがもらえる額が四つのランク(ロイヤルティステータス)によって変わってきます。
※まずこれのランクを上げることから始めてください!!!!これのELITEであるのとないのではかなりの差ができます。トレードしてれば100日なんてすぐなのでまず頑張りましょう。低ロットで仕込んでおいてエリートにしておくのもありです。

リアル口座を作ってから取引をしていけば100日以上使うと「ELITEのステータス」になるということです。
1ロット(10万通貨での値となってます)
ランクダウンの条件として(実際に確認済み)
GOLEになってから30日以上取引をしないとなるとまたEXECUTIVEにランクダウンになる。
DIAMONDOになってから60日以上取引をしないとなるとまたEXECUTIVEにランクダウンになる。
ELITEになってから100日以上取引をしないとなるとまたEXECUTIVEにランクダウンになる。
となってます。
このXMPはランクによって現金化することも可能ですが、ボーナスとして証拠金を増やしてリスクを減らすことができるので現金よりボーナスとして使うべきです。


デメリット

  1. 税金。総合課税(雑所得)となっていますので利益額によっては税金が高くなりますね。繰り越し控除もできないですし。
  2. レバレッジのおかげで大きなLOT数を持ってしまう事というのもデメリットにも入ってしまいます。メリットでありデメリット。
  3. スプレッドはデメリットに感じる人が多いらしいですね。私はそこまで広いとは思ってません。(キャッシュバックサイト使えばいいですし約定も正直言って他より早いですから。)
  4. 出金に時間が掛かることがあることですね。海外送金となるので普通だと思いますが海外FX一番の問題ですので。出金は勿論されるので問題ないです。出金にはbitwalletを経由してもいいかもしれません。

XM口座タイプ

 XMの口座タイプは三つ

 マイクロ口座スタンダード口座XMZero口座
基本通貨USD,EUR,JPYUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPY
契約規模1ロット=1,0001ロット=100,0001ロット=100,000
最少取引
サイズ
0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット=1,0000.01ロット=1,000
チケット毎の
ロット制限
100ロット50ロット50ロット
レバレッジ888倍888倍500倍
スプレッド1ピップ1ピップわずか0ピップ
取引手数料なしなしあり
最大保有
ポジション
200ポジション200ポジション200ポジション
最低入金額5ドル5ドル100ドル
トレード方法目安デイトレード向きデイトレード向きスキャルピング向け
 取引口座を開設取引口座を開設取引口座を開設

※資金量によってレバレッジ変化します。2万ドル(約200万円)くらいから200倍のレバレッジ。この三つから選ぶことになってます。マイクロとスタンダートにはあまり変化はなく、あると言えばlot数の表記が違うくらいです。他の海外FXを使う機会がある時ロット数に差があると不便なので1lot=100,000のほうで慣れていた方がいいと思うのでスタンダード口座を勧めます!
ZERO口座のいいところは何よりもスプレッドが安い事ですね!これを可能にするのがECN方式だと思います。
※ECN方式は簡単に言うとスプレッドに手数料を上乗せせずに別途手数料が取られるのです。見落とせないのはスプレッドとボーナスとなってますね。高LOTでスキャルピング(短期売買)とかをする方はいいと思いますが、ボーナスが受け取れないので個人的には初心者には敷居が高いかなと思ってます。一番いい方法としてはスタンダードで口座を作った後にZero口座を作るのがいいと思います。どちらも作れば乗りかえれますから。

XMの入金・出金方法

2019/4/7 【重要】出金に関して変更有。以前まではbitwalletでの入出金ができましたがbitwalletから入金した場合入金額以上の出金をビットウォレットにできなくなりました。なので利益分は銀行出金などで行う必要があります。

XM入金方法 

※入金前に本人確認書類を提出して口座を有効化にしてください。
有効化されればマイページから有効化済みと出ます。(確認書類提出の仕方はこちらの最後に記述してます)

管理人の私がいつも使っているのは銀行送金なので銀行送金(今は銀行送金よりもビットウォレットの方が便利な気がします)の手順の説明します。
管理人がおススメする海外FXはビットウォレットを使えるところをなるべく探しているので口座は作っておいて損はないと思います。
※所々文字を消させて頂いてます。(過去に管理人見ながらやっていて打ち間違いをしたので(笑))


上部にある入金ボタンをクリック。

左上から順番に説明だけします。画像ではビットコインありますが2019年9月の時点ではビットコイン入金はありません。
1.クレジットカード・デビットカード
2.海外銀行送金
3.マイビットウォレット(名前変更ありました)
4.ビットコイン
5.国内銀行送金(今回はこちらの説明)
6.sticpay
現在では5つの送金に対応してます。2019/9/6更新
今回は銀行送金のやりかたを説明してますが入金分はビットウォレットに戻すのも簡単です。

local Banksの入金をクリックすると下記の画像が出ます。

入金をクリック。

こちらが振り込むところです。こちらのとおり送れば問題なく入金されます。ゆうちょ銀行からも可(確認済み)
※ゆうちょ銀行から振り込むことはできるんですが、XMから出金する際にはゆうちょ銀行は受け取り拒否されるので出金時には違う銀行に振り込みます。他にも調べてみると新生銀行、みずほ銀行(ネット支店のみNG)、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行からは受け取り拒否される模様なので一度自分で試すべきですね。。

しっかり注意点も読んでおいてください!
注意点のまとめ

  • 1万円未満の入金の場合には手数料がかかる。1070円+入金額0.05%の手数料が引かれて資金に反映されます。なので入金は1万円以上にしましょう。
  • 振込名義人の欄に「ローマ字でフルネームを記入」+「MT4、MT5の取引口座番号」を入力すること。
    例:やまだ たろう 番号 | TARO YAMADA 1234567のようにしてください。
  • すべての入金は必ずお客様のXM口座と同一名義の口座から行う事。

入金確認メールが届くので反映するまで待ちましょう。
管理人調べでは、日本時間朝10時くらいの平日に入金した場合、平均して昼くらいまでには入金されます。長くても半日ですね。一時間~即日反映と覚えておきましょう。
金曜日の夜とかの入金になると月曜日の朝になります。

以上で国内銀行入金は終了です。


XM出金方法

出金の基本情報として、マネーロンダリング防止の為「入金してきたルートから同額の資金を返金する」となってます。
※国内銀行送金を使って入金をした方はそのままの指定した口座に出金されます。
同一名義の場合は入金時の銀行口座と出金時の銀行口座は違う銀行でも大丈夫です。
※出金先に新生銀行、みずほ銀行(ネット支店のみNG)、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行からは受け取り拒否されるのでこちらは使わないようにしましょう。

XMのホームページを開きます。

【資金の出金】をクリック。

2019年9月時点ではCredit/Debit Cardsとi-Accountの欄が消えているので現在は二つのみです。
左から二番目の【International Wire Transfer】の「出金」をクリックします。
これが国内銀行に振り込むものとなってます。
私が実際に出金したのは三菱UFJ銀行です。なるべく大手銀行を使うべきです。
※余談ですが、XMではないんですが過去に出金されなかった経験があるので出金にはうるさいです(笑)


注意をしっかり読みましょう。


受取人のお名前(フルネームをローマ字で) TARO YAMADA またはTaro Yamada
受取人の住所はグーグル検索で住所を英語にしてくれるサイトがあるのでそちらを参考にしてください。
受取人の口座番号もしっかり記入。

受け取り銀行に関しては今回は三菱東京UFJ銀行にしております。詳しくはホームページ確認。
※平成30年4/1から三菱東京UFJは三菱UFJになりますので英文名も変わります。MUFG Bank,Ltd.に変更になります。

銀行名:英文表記すると「THE BANK OF TOKYO-MITSUBISHI UFJ, LTD.」になります。
SWIFTコード:「BOTKJPJT 」(8桁)となります。※SWIFTコードとは世界の銀行を特定するためのコードです。
支店名については以下の通り
(1)本店の場合 ・・・ HEAD OFFICE
(2)支店の場合 ・・・ ○○○○ BRANCH
(3)出張所の場合 ・・・ ○○○○ SUB-BRANCH
(4)営業部の場合 ・・・ ○○○○ MAIN OFFICE
支店コード:支店名で検索を書ければ店番号がでますのでそちらを記載。


中継銀行はは三つ空欄で大丈夫です。
出金額も打ち込みましょう。


最後に規約事項を読んでチェックマークにチェックを入れて「リクエスト」をクリックすれば終了です。その後メールにて出金完了メールが届きます。(出金リクエストをしてから24時間以内に届きます)
後は最低でも3日~1週間は待ちましょう。三菱東京UFJから「外国送金・本支店間外貨送金計算書(被仕向送金)」という紙が送られてきます。試しに2万円の出金してみましたが、手数料が結構取られます。
手数料は最終的に4,000円です。額によってはまた変動すると思います。
※ちなみにマイビットウォレットを使えば手数料が1000円以下に抑えることも可能になりますので、マイビットウォレットも検討すべきです。※ビットウォレットは入金額以上は出金できません。
これで出金は終了です。

XM(海外口座など)で口座を作るのが初めての方で心配に思う事。

ライセンス

営業停止のリスクというものと追随するんですが日本のライセンスを取得してないと言う点。ネットで見ても無登録業者なので危険と言うのを見かけますが・・・。
これはレバレッジの問題に大きく関わってくるんですが、仮にXMが日本のライセンスを取った場合どうなるのかというと25倍のレバレッジになってしまうんです。(日本はさらにレバレッジ規制を強める予定。2018年以降)
レバレッジ以外にも自己資本、顧客保護、コンプライアンスなどチェックポイントがあり基準をクリアしないと使えません。
888倍のレバレッジという魅力である高レバレッジを使えないので日本ライセンスは取らないという事です!
ライセンスを多く取っていればより安全に取引はできますが、今のXMでも十分な取引は可能です!(現在:2018年)

資産保全の仕方

資産保全リスクですね。
信託保全分別管理なのか。簡単に説明だけしておくとこうなります。
分別管理・・・お客のお金と会社のお金を分けて管理しているだけです。
信託保全・・・倒産した場合にお客の資産を保障してくれるというものです(額は決まってます)

じゃあXMはどうなってんの?!と気になりますよね。
ホームページ見てみるとどっちも書いてありませんでした。(現在2018/02/09)
現状ではどちらもしていないんじゃないかなと思います。今後サポートセンターにメールをしてみて聞いてみたいと思います。
※他のXMのサイトでライブチャット(画像つきの)のやりとりを見てみましたが(2016年)、「キプロスライセンス下にある口座は全額信託保全で対象に投資家補償基金に加入しており従来通りの保証内容で信託保全は行われておりますので、ご安心くださいませ。」というのがありました。
って事はセーシェルライセンス下になる口座は対象には入ってないってことです。
「XMTradingにて口座登録した場合にもキプロスライセンス下にある口座ですか?」との質問もしてましたが。
それに関しては肯定の意見ではなく違った回答が。
「英国バークレイズ銀行に分別保管されていることと万が一の時のためにAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)にて保険(最大100万ドル)にも加入してる。」という返答でしたね。
※バークレイズ銀行は有名ですし、そこに保険で入っているという事は分別管理であっても最低限は保障されてそうですね。
最後の質問でXMTradingの口座は全額信託保全されてることで間違いないですね?と聞くと。
「XMTradingおよびXM.COM口座ともにお客様の預託金は分別管理となってるので弊社に万が一があっても返済などに使用されることはなく全額安全です。」とのこと。

2018年の現状では2016年のこのチャットが正しければXMTradingは分別管理はしているが信託保全はされていないという事になりますね。

キプロス側が日本に何か言われて日本人の顧客を締め出そうとしたというのが私の見解です。締め出される前にセーシェルの方に日本人を移転させたという事です。
セーシェルはライセンスの中では審査が緩い方だからというのもありますが。
※余談ですが、過去に私もTier1FXという会社を使っていたんですが日本人の顧客は使えなくなりました。なにかした圧力があったんですね。めっちゃいい会社だと私は思ってます。
その締め出しの原因は日本のFX会社を使ってもらうためということや税金、詐欺も対応が非常に多いというの考えられます。なので有名な海外FX以外を使うのはおススメできません。
日本人に取引させようとしている点を評価してあげたいものですね。

詐欺

出金・拒否や詐欺業者のリスクがあることも。
しかしXMは詐欺業者(今のところ私はそう思ってません)でもないですし、出金拒否というのは私は経験がありません。
仮にあるとするば・・・。めちゃくちゃ利益が出ていて何十億とかの人なら口座凍結とかしてくるかもしれないですね。
実際どうなのかはわかりません。
詐欺業者も使ってみなきゃ分からない情報なので、SNSを通じて真実を共有するしかないですね。


XMには企業ニュースもあるのでどんな活動をしているのかチェックするべき。

日々の活動は信頼に繋がりますからね、どういう事をしているのかというのを知ることによってよりXMについて安心を持つことができますし、どの国に対してアプローチをかけているかなども考えれるので勉強にもなります。
直近のニュースでは2018/3/22日に「カイロにてテクニカル分析に関する無料セミナー」というものですね。
FXの学習を無料で提供し、まずは興味を持ってもらうというのが狙いだとは思いますが。
XMが人気の理由ってのは日々の活動から分かりますね。

※投資は自己責任です、きちんと考えながら行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました